| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ファミリーパーティ

椿山荘のバンケットルーム


たべ放題(笑 
2014-12-29-005.jpg

柴田妙貴子さん
オーケストラ
小さな子供たちがチョロチョロ走り、赤ちゃんの泣き声が聞こえるなか
ニコニコと子供をかまい、大人と握手。
Miuちゃんもフルオーケストラをバックに私の耳の側で
アナと雪の女王をひそひそと^^歌ってくれました(笑
こんな演奏会もなかなか素敵で、心がほんわり温かくなりました。

お料理はそこそこですが、お楽しみは間近で聴くオーケストラと
中西勝之さんと柴田妙貴子さんの歌です。
お2人の声量に圧倒されました。人間の声って凄い

最後の歌は
Climb Every Mountain
とても好きな歌なので録画してユーチューブに上げたのですが
なにやら公開するのが良いのか悪いのか分らないので非公開にしました。
なのでユーチューブからオリジナルとキリ・テ・カナワさんの声で
あげておきます。削除されるかも知れないですけど。。。


キリ・テ・カナワさん。とてもドラマティックです。


私も年を重ね残り時間は少なくなってきました。
でもこの歌の歌詞のように生きて行きたいかな?

| 音楽 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サックスの音色

サックスの音色を生で聴いたのは
初めてのような気がします。
すっかり引き込まれて立ち去りがたくて
新しいコンデジのムービーに
ちょっとだけ収めました。

今日は皆が横浜の本社を見に行った。
私もジャンがげこげこしなければ連れて行ってもらったんだけど
ジャンを置いて行って何かあれば後悔しなくちゃならないから
お留守番。
外出しないで家にいると3000歩弱しか歩かないので
替え芯と練りゴム買いに成城まで大急ぎで行ってきた。
それでも8400歩しかなりません。
運動不足で~す。

| 音楽 | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しばらくぶりで~す♪

雪のちらつく寒い日はYou Tubeが大活躍。
もうちょっと音の良いスピーカーがほしいなあ。
フニクリ、フニクラ



同じくフニクリ、フニクラ
こちらもなかなかですねぇ。


帰れソレント


帰れソレント
ディーン・マーチン



帰れソレント
エルヴィス・プレスリー



東京では大騒ぎしたほどには雪は降りませんでした。
これから降るのかな?

本海側の方たちには申し訳ないけれど
雪景色を見たかったなあ。
バラは休眠中で鉢が乾いたころに水遣りするだけだし
あ もう少し短く剪定しないと。

| 音楽 | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手紙

アンジェラ・アキさんのこの曲は
最近のお気に入りです。

そういえば手紙、ほとんど書かなくなりましたね。
パソコンメール、携帯電話メールに取って代わりました。
漢字も変換してくれるので書けなくなりました。
時代は変わり行くものですね~。
Miuの生きる時代は
どんな時代になっているのでしょうか。


| 音楽 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サロンコンサート

昨日は久しぶりに国立へ♪
立川からひと駅新しい車両に乗った~♪
英語のニュースも流れていたり(笑)
午後から急に晴れたので電車の中は
忘れ物の傘があちこちに。


一橋大学佐野書院で神野 明さんのピアノ演奏会を聴きました。
いつも解説をされる教授がドイツに行ってしまわれたので
神野さんが一曲一曲エピソードなどを交えての解説して下さり
とても興味深いでした。

モーツアルトのソナタ イ長調(トルコ行進曲)
そのあとにベートーヴェンのソナタ Op-2 嬰ハ短調(月光)
リストの カンパネラ の演奏はよく知っている曲でもあり
素晴らしい演奏に無我の極致に引き込まれてしまった。
すぐ近くで聴くピアノの迫力はすごい!
きょうも神野さんの演奏が耳に残っています。



休憩時間にお庭に出ると
コブシの花が咲いていました。


大学通りをテクテク駅に向かって歩いてゆくと
赤い三角屋根の駅舎が無いので
無粋なマンションが丸見えではありませんか!
保存する、保存しないとさんざん話題になっていたけれど
どーなっちゃったんだろう(?)

この写真をみると国立らしさを演出していたのは
あの可愛い駅舎が存在していたからなのです。


ずい分前、国立駅北口駅の前にあった雑木林がマンションになった時点で
この駅舎の運命は決まったようなものだったと思う。
どんどん雑多に変わってゆき
美しかった日本は美しくない日本になってゆきますね。



≫ Read More

| 音楽 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |