| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年のバラたち

エブリン
エブリン

咲き進むとグリーンアイが
エブリン2

ヘリテージ
ヘリテージ

ボレロ
ボレロ2

ナエマ
ナエマ

ブラン・ピェール・ドウ・ロンサール
ブランピ

バレリーナ
バレリーナ

ロサ・カニナ
ロサカニナ

ウォラトン・オールド・ホール
ウォラトンオールドホール1

IMG_2775.jpg

Y家のピェール・ドウ・ロンサール
IMG_2769.jpg

ラ・マリエ
IMG_2770.jpg

あなたのお名前は?
IMG_2771.jpg

今年のバラの季節はあっという間に終りました。

| バラ | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終ったバラ

すでに終ってしまったバラたち
ナエマ
ナエマ

ブラン・ピェール・ドウ・ロンサール
ブランピ
開いてしまうと中心部のピンクが色あせたサーモンピンクになり
ブランなんておこがましい?

ピェール・ドウ・ロンサール
半開き
クリーム色とピンクと淡いグリーンが上品です。
大輪で存在感があって大きいのに可愛い。

ここまで開くとちょっとねぇ。
ピェール君

ピェールのチビ子版
ミミエデン
ミミエデン
ロンサールと同じメイアン作。
この子は手がかかります。うどんこ大王(笑

バレリーナ。良く伸びる。
バレリーナ

クレマチスとコラボさせたいのにクレマチスはすぐにボキッと折れちゃうので
良い位置で写せません。
プリンスとバレリーナ

アンティークレース
ミミエデンと手のかかるバラの双璧。
アンティークレース
好きなバラの1つ。葉は分厚く、トゲも凄くて黒星病に好かれてます。
雨の当たらない軒下で生存中。2番花がもうすぐ開花します。

咲いたと思ったら次の日にははらりと散ります。
失敗したなあ。いい色なんだけどなあ。
ベーシー

これもすぐ散るヘリテージ。
ベーシーさまよりはずっとましだけど。
ヘリテージ
昨日原宿へ行ってきた。
メトロは明治神宮前が原宿です。JRの原宿駅と繋がっていません。
地下鉄の出口を間違えて明治通りと表参道の交差点に出てしまった。
ぎょぇぇぇ~。なんじゃこれ~。人がぎっしり!初詣みたいな人混み!
しかもほとんど外国の方々かしら!
流れに乗って歩けば約束の時間に着けないΣ(゚д゚lll)
急遽 感じ悪いババになって間をすり抜けゴボウ抜き(笑
汗びっしょりになってギャラリーにたどり着いたらまだ来てなかった^^

絵を出している友(チュニジアに一緒に行った人)に冷たいお茶をもらって
一息つきました。
強めの冷房が入っていて心地よい。
しばらくして友人も道が分らなかった~と言いつつやってきました。
またまたお喋り。
久しぶりに絵画の話をしてすっきり。


その後ギャラリーを後にして2人で近くのネスカフェへ。
友は遅いランチ。私はデザートにこれを↓
ブルーチーズ&林檎のクレープ。
見た目と同じ。お~不味い。
IMG_1379.jpg
何でも食べれる若い人向き。
ということでクレープはりんごとブルーチーズを拾って食べたのみ。
友のピザをふた切れつまみました(笑

その後JR原宿駅へ。
友は渋谷へ、私は新宿へ。
原宿は内回り、外回りとも同じホームです。

何を思ったか渋谷に向かうはずのFさんたら新宿行きに乗り込んで
これは渋谷行き~と言い張って、違うよと言う私が間違っていると言うのです。
何度行き先を見ても新宿って書いてあるのに・・・
自分の行動に自信が失せつつある私。え~っ!私間違ってるのかしら?
一瞬悩んでしまいました。

?????

と   ドアが閉まっちゃった(笑

私はすぐに来た電車に乗りましたが彼女はどこまで行っちゃったのかしら。
最近父上を家で見て、母上を(高級)老人ホームに入れて気もそぞろな彼女。
私より17才ほど若いんだけど大丈夫だろうか。
仲良し母娘の行く末は・・・
人事ではないのであります。


| バラ | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さめのバラ達

コーネリア(1925年 イギリス)
コーネリア2
風の強い夕方に撮影したのでぶれてます。
コーネリア
一輪はこんな感じ。
コーネリア01

赤紫のバラはシベが可愛いベイシーズ・パープルローズ。
(1968年 アメリカ)
ベーシーズ・パープルローズ

ピンクの縁どりのバレリーナ
(1937年 イギリス)
去年の成長著しくもういいわと言うくらい咲いています。
バレリーナ

スペクタビリス (1833年以前 故郷不明)
グレーイッシュピンクの小さくて地味なバラ。
スペクタビリス

マダム・アルディ(1832年 フランス)
マダム・アルディ

ロサ・カニナ
ヨーロッパ原産の原種バラ
赤い実がぎっしりつきます。
今年は早めに収穫してローズヒップティを飲みましょう
ロサ・カニナ
今日は寒くて寒くて。ストーブ片付けてしまったので
エアコンつけて凌いでます。
昨夜記事をアップしたはずなのに、されていなかったので
再度チャレンジ。私の頭もおかしくなっているのかも(笑

| バラ | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラの季節もあっという間に過ぎちゃって。

ウイリアム・モリス
ウイリアム・モリス

ヘリテージ
ヘリテージ1

ウォラント・オールドホール
ウォラント・オールドホール

エブリン
エブリン
ここまではデビッド・オースチン・ローズ
普通 イングリッシュローズと言ってます。

開ききったボレロさんとエブリンさん
エブリンvsボレロ

ここからはMEILLAND おフランスざます(笑
ボレロとバーバスカム
ボレロとバーバスカム

ピェール・ドゥ・ロンサール
ピェール君2

ブラン・ピェール・ドゥ・ロンサール
ブラン・ピ
私の感想ですがイングリッシュローズは
優しい感じでメイアンのバラは逞しいです。
見た目がね♪
夕闇の中で風に揺れるピェール君の存在感には
圧倒されるかも。

| バラ | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラのお庭を訪ねて

めちゃくちゃ良いお天気の日に暑くて有名な(?)
熊谷のオープンガーデンへ行きました。
バスが入れない道を歩いて行くと人だかりがしています。


拝見するのはこちらのお宅です。
DSC06317.jpg

秘密の花園って書いてありますね。
子供の頃ありました。同じ題名の本が。
Le Jardin SecretならぬThe Secret Garden
内容は覚えていません^^
DSC06313.jpg

以下写真をズラズラと並べてすみません。
ピーカンなのでこれと言った写真はありません。
DSC06324.jpg

アリウムとデルフィニュームがアクセントになっていて
素敵です。画像をクリックしていただくと大きくなって
少しは行き届いたお庭が伝わるかと思います。
DSC06331.jpg

こちらにお住まいのようですね。屋内に高齢のわんこが
首をもたげて外を眺めていました。
DSC06340.jpg

涼しげな取り合わせです。
DSC06345.jpg

夢中で花の中を彷徨っていてふと 遠くを見ると電線が(笑 日本だった!
エレメントで消せるのだけどそのままに。
DSC06353.jpg

ジキタリスたち。
DSC06356.jpg

大きなガゼボの中にはお茶の用意がしてありました。
DSC06360.jpg
ポットに入ったハーブティと紅茶とクッキーと
陶器のコップが沢山置かれていました。
DSC6368.jpg
椅子に座って見える風景。

敷地の中には1人用から7,8人座れるガゼボがあちらこちらに配置されていて
花を眺めながらゆったりとした時を過せますが、
ここで私としたことが大失敗!
バスの出発時刻を忘れて20分も遅刻してしまいました。m(_ _"m)ペコリ(--; ペコペコ
DSC06368_201705301144351ac.jpg

ジキタリスとデルフィニュームとオルラヤのような白い小花
バラのお庭には必須のようです。
DSC06379.jpg
バスが待っている所まで走った!走った!
次はランチを頂いてから滝の入ローズガーデンへ

つづく

| バラ | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT