2005年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

JR中央線の女性専用車。

一駅西の駅から乗る友人と待ち合わせのため駅探で時刻を調べて
二駅東の駅で落ち合うため最前部の車両に乗ることにしました。

上り1両目の4っのドアの前にのホームにはピンクの色も鮮やかに女性専用車と
書いてありました。(女性=ピンクってなぜだ?しかし赤よりまし?)

女性専用車は平日の上りで新宿駅に7時30分~9時30分に発着する東京行きに
限られているようです。

この前美容院の女の子と女性専用車の話で盛り上がったのです(笑)
若い彼女は朝1両目と2両目の間で待っていて女性専用車に乗るのを迷ったそうです。
彼女が通勤に利用する時間帯はメチャメチャに混んでいません。

2両目に乗ったらなんだか痴漢を待っているように(爆爆爆・・・)思われるのも困るので
結局1両目に乗ったんですって!

女性専用車両にはなんだか良い香りがしているような・・・気がしたそうです(笑)
そう言えば普通の車両は夏になると臭っさいですね。特に男性!全ての方々ではありませんがタバコ臭い。汗臭い。それと加齢臭。

男性の方々も清潔でいて下さいませ。





| 雑記 | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベルギーのバラ園

昨年の6月ブラッセルの近く、コロマ城の中にあるバラ園に行った。
その際に撮影したDVDをもらったので映画『ラベンダーの庭』のCDを
かけながら見ることにした。
琴線を揺さぶられる音楽をかけちゃってちょっとしまった~!

まわりの木の緑が上手に取り入れられていて
バラがとっても美しい。
そこをタイスの瞑想曲をバックに大人3人と
ベビーカーに乗った生後1ヵ月の孫が
しずしずと歩いている。

二度と帰り来ぬ日々の映像を見つつ人生の短さを
嘆いてみても仕方ないが今よりちょっと若い私が
そこに居るのはとても不思議だ。

若く輝いている娘夫婦と孫の未来を
そこはかとなく考える。
どうか地球が滅亡しませんように。










ガゼボに絡まった白バラを見る人たち。
やはりある程度年齢を重ねた人たちが
多いようでした。


ガゼボの内側。


バラの名前はSOUVENIR D'ANNE FRANK


| 雑記 | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |