2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人体デッサン

30年以上も続けて通っている朝日カルチャーセンターの油絵教室。
久しぶりの木炭デッサンです。
昨年、一昨年は先生の体調が優れず代講の先生でした。
今年はひさしぶりの厳しい~~~っM先生の教えが(期待されます)笑!

油絵はそれぞれ皆さん個性的でそれはもう!素敵です。
しかしデッサンは先生にとってきっと目を塞ぎたくなるに違いありません。

石膏デッサン
1 立体感
2 比例
3 明暗

人体デッサン
1 量感(実感)
2 稜線 体重 重心
3 骨格 筋肉
4 動線

という風に教えられてられているのですが、目につくのは
髪の毛、目鼻立ち、に 胸です(爆)

気をとられるものはみな表面的に見えるものです。
見えるものを描くというのは

話せない英語を紙に写しているだけ

お~上手い表現だあ。(=^_^=) ヘヘヘ

そんなわけで2時間半ポーズのとっても素敵な
モデルさんを描いてきました。




携帯カメラでパチリ


| お絵描き | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |