2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

多摩川へ

小田急線の駅と駅の間は中央線に比べると短い。
自転車に乗って線路沿いに西の方へ10分も走ると
多摩川の土手に着く。

高齢の女性が石に腰掛けていたので話しかけると
次から次へとお喋りされる。
ここは1974年の台風16号で写真にも写っている堰のため
左岸の土地が抉り取られて家が流れて行ってしまった所だという。

この堰を自衛隊が失敗を重ねてやっと爆破した時、
彼女の家も窓ガラスは粉々に吹っ飛び障子は二つに折れ曲がったとか。

その後 国がどこやらの山を買い取って2年半の歳月をかけて
埋め戻したそうです。
その2年半の間、彼女の家は砂埃で床に字が書けたと言っていました。

彼女は95歳、息子とその奥さんとの3人暮らし。
お嫁さんはおいくつですか?と尋ねると71歳と答えが返ってきた。

久しぶりにお喋りしたと喜んで下さったが
思わず3人の『日常生活』が頭をよぎりました。

若い頃からずっと心の底に住み続けている疑問『生きるって』なに?
またまた湧いてきたその疑問をふり払うために忙しくしなくっちゃ!







≫ Read More

| 雑記 | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プチトマト

やった~!昨日、トマトの大繁茂している下をのぞくと
食べごろに色づいていた~♪
娘は生のトマトが食べられないのでMiuが食べてくれました。
実は私もあまり美味しいとは思わない物の1つがトマトです(笑)

しかしプチトマトというからこんなに大きくなるなんて
知りませんでした。
はるか私の背丈より大きく伸びてびっくり~!
180センチは超えている!

プチというのは『実』のことだったのですね(笑)



≫ Read More

| 植物 | 07:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨の一日

昨日同志社女子高で毎朝の礼拝の時にパイプオルガンの演奏と
英語の怖い教師でもあった江上先生にお目にかかりに青葉台の教会へ行った。
97才でお元気。
つい最近大阪での公演、お孫さんの住むロスアンジェルスへの旅を
こなされていてびっくり。私個人を認識されているわけではないけれど、
教え子という事でとても喜んで下さった。
先生の出版された装丁も素敵な刺繍の本「無心の時をもとめて」に
ちゃっかりサインをお願いしちゃった。
久しぶりに歌った讃美歌もなかなか良いものでした。




礼拝のあとお昼を食べに「器楽」というレストランへ行きました。
地下が駐車場で1階は「石の癒し」という店と有田焼のショップがあって
3階がレストランです。
きれいな彩の食器に載ったお料理もそこそこに美味しかったし
コーヒーを入れる器を選べるというのも愉快でしたが、
コーヒーは硬質で薄い口当たりのWとかMとかHとかRの方が
美味しいかも(笑)

でででたっ!シンドラーのエレベーター。
エレベーターの内部には開閉ボタンだけで
行き先の階を押すボタンがありませんでした(謎)







≫ Read More

| 雑記 | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世田谷って田舎なの?

ぎゃあああああ~っ!
とは言いません。ヘビにアレルギーはないのです。
今朝 車の横で雨に打たれてへたばっているヘビ。
30数年ぶりに見ました。

じっと観察していると全く動かない。死んでいるようです。
長さは1メートル位かしら。かわいそうにここまで育って
死んでしまうなんて。

↓のムカデの隣に葬ろうと思ったがちょっとサイズが大きいので
燃えるゴミに出すしかないか。。。






≫ Read More

| 動物 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラムズイヤー

Lamb's Ear

葉が名前通りむくむくした子羊の耳そっくりだ。
可愛い~。

向かって左側に茂っている葉はフエンネル。
右側の葉はコリアンダー。

昨夜からの大雨でみんなしな垂れてしまい
かわいそう。

ラムズイヤーかラムズイアーかどっちだろう?
グーグルで検索したらイヤーの方が多かったので(^^ゞ

で ドブログの不具合は治ったのかしら?


| 植物 | 08:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グリンピースと孫

奈良に住む従姉妹からダンボールいっぱいの
グリンピース&ソラマメが送られてきた。
なんでも友人の趣味の畑で採れすぎたらしい。
農産物の困るところは一斉に収穫しなくてはならないところなのよね。
おかげで私まで回ってきて嬉しいけれど。

さて2才1ヶ月のMiuちゃんの出番です。
人の手元をじっと観察していて早速お手伝いしてくれました。
かなりの量を飽きないでむいてくれたので随分助かりました。




まだまだ終わらないうちに鞘ごとくわえて遊びはじめました。
止めなさいと言うとますますイタズラに拍車をかけるので無視~っ。

森山直太朗の「さくら」が赤ちゃんの頃から大好きで
今では最後まで歌えるようになった。
言葉ははっきり発音できないが音程は合ってるみたい(笑)

毎日これなあに?攻撃にたじたじのばあばです。




≫ Read More

| 雑記 | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬のこと。

私がかって飼っていたコリー達のうちの4匹です。
左手前の犬は犬屋さんから成犬できたブルーナ。真ん中の犬は東京から来たラビー。
右側の犬も東京から来たフリッカ。後ろのトライは京都生まれのローラ。
勉強もせずに彼女達の手入れや運動に日々を過していたのですが
若かった私は想像力不足で良い飼い主ではなかったと思っています。

今日の朝日新聞の「声」欄に84歳の男性が投書していました。
「飼い主を癒しながら、何ら苦痛を訴えることなく生涯を終えた・・・」
太りすぎて治療費や薬代は高額で家計の負担は大きく、まだ10才で
次第に食が細りやせて息を引き取った・・・

何ら苦痛を訴えることなく と言う所にひっかかりした。
そんなことは有りえないはずです。自らはなにも出来ない犬の生殺与奪の権力を
握っているのだからいつもアンテナを張り巡らして観察していて欲しいものです。

先だって本八幡までトイプードルの子犬を見に行ってきました。
生後2ヶ月前に親から離されて一人でショウケースの中にいました。
社会化出来ていないことも気になるけれど飼うにあたって
まず一番気になったのは獣医の事です。
家の近辺にはあちこちに動物病院がありますが信頼出来る人はいるのだろうか?
私が中学生の頃はヤブばかりだった。
それから30年経っても・・・
現在のことは知りません。

そんなこんなで私が見た子犬は売れちゃったようですが
未だに飼うか飼わないか躊躇しています。














≫ Read More

| 動物 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月の花 3

コリアンダーの花
中国ではシャンツァイ。タイではパクチーです。
カメムシの匂いがするとけっこう嫌われているようですが
私は好きなんです(断固)
そんなわけで苗を植えたのですが葉が食べるほど茂りません。

コリアンダーの実は何千年も前から薬草として利用されています。
エッセンシャルオイルは無気力になった時や精神的に疲れたときに
効き目があるようです。





アサガオ ヘブンリーブルー。
今朝5時過ぎに庭に出ると一番花が咲きそうになっていました。


バラ サマースノー。
白のはずなのにピンクの花が?
うどんこ病になりそうだったが木酢液とハイターで治りました。
ここをご覧になっている方々へ。まぜる分量が決まっているので
適当に混ぜないでね。葉が波打ったり痛んだりするので。



ピエール・ド・ロンサール
私の大好きな色合いのバラです。
花の形もぽってりしていてとても可愛。

が 太くて硬い枝がびゅ~んと伸びるらしい。
可愛い~と買ってしまって失敗か?
勉強不足で後から困ることになりそうです。




ミミエデン
あちこちのナーサリーで売り切れていました。
国際バラガーデニングショウでやっと見つけた直径4センチの花が咲く
ミニバラです。
咲いてみるとカタログと色が違ったので残念。
ピンクのきれい過ぎる発色が嫌です。




≫ Read More

| 植物 | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月のお花 2

バーバスカム。
立川から連れてきました。
宿根草ですが昨夏は条件が悪かったので今にも枯れそうでしたが
なんとか復活しました。



サルビア・コクネシア
一斉に咲いては種を作って・・・を繰り返しています。
種が一斉に芽を出したらサルビアで庭が埋め尽くされるくらいの
勢いです。


アゲラタム
ちょっと暑苦しい色だったかしら。
苗の時よりも色が褪せているような気がします。



フウロソウ(ゲラニウム・キネレウム )
半日陰になるところに植えていたらヘロヘロになっていた(;-_-)
早速日当りの良い場所に植え替えました。
時期的にまずいかも知れません。



ラベンダー・ストエカス
ラベルと色が違う。
とっても良い香りなのでまっ いいか。



| 植物 | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月のお花

カンパニュラ・アルペンブルーです。
立川→国立→世田谷と一緒にお引越ししました。
とっても丈夫で地植えにしてもどんどん広がります。
虫もほとんどつくことがありません。


カンパニュラ・フィフティブルー。
この春植えました。性質も全く分かりません。
カンパニュラの仲間は沢山ありますが
小さい花を咲かせる種類が私の好みです。

カンパニュラ・ブルーベビーとホワイト・ベビーも
植えましたが冷涼な気候が好きらしく蒸し暑くなってきたら
あっという間にぐじゃぐじゃになってしまいました。
このカンパニュラはナメクジ、ダンゴムシ、ワラジムシに
弱いようです。




| 植物 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT