2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昔の写真

まだデジカメのない頃の写真です。
家のすぐそばにあった雑木林で。
ピーピー小僧だったpierre。




雑木林の手前の空き地で。
老いる前の犬たち。
ぴえるの頭の毛が割れてる(笑)
手前左がannie右がcarrie。


もっともっともっと 大昔。
祖母と伯父 伯母達。
右端のチビが私の母。


≫ Read More

| 動物 | 11:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にがうり

目隠しも兼ねてフェンスに絡ませました。
にがうりの生長は凄すぎ~。
フェンスのあちら側は道路でなく駐車場なのでちょっと入りにくいけれど
恐ろしい事になっているかも?と行ってみました。
秋になってこの蔓を整理する作業を思い浮かべて
来年は止めておこうと固く決心しました(笑)

にがうりの弾けたのは見慣れないせいもあって
思わず(お お お っ!)とのけぞってしまった。



≫ Read More

| 植物 | 15:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続 京都 冨美家

しのだうどんとは、きつねうどんのことです。
味つけした油揚げと刻んだネギが入っています。
おうどんとお出汁をさっと温めていただく。
おうどんは讃岐うどんのような透明感と強力なコシはありませんが
私はこちらの方に馴染んでいます。

お値段は400円です。



あっという間に出来上がりましたー。
東京の真っ黒けのお出汁でないところがグー。
出汁が効いていてとても美味しい!
いえ 東京の甘辛い黒いお出汁の味も好きですよ(笑)

食べ物を写すのは難しいです。
あまり美味しそうではありませんね(-"-;)





≫ Read More

| 食べ物 | 23:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都 冨美家のお好み焼き

伊勢丹新宿店の地下のスーパーに置いてある懐かしいお好み焼き。
高校生の時からお世話になっていました(笑)
ソースや青のり、おかかをどっさりかけてひっくり返して
また載せて・・・ひどい食べ方していました。
当時マヨネーズの出番はありませんでした。

全ての具が入っているのでボウルにいれて混ぜて
フライパンで焼くだけ。
昔は河原町通りにあったけどいつの間にか錦の入り口近くに
引っ越したようです。
お昼にぴったりです。


焼きあがりました~♪
私はマヨネーズをかけるのは嫌いです(キッパリ)

お皿は10年くらい前に焼いたもの。
太くて重くておまけにひびも入っているけど
気に入っているので唯一引越しの荷物に入れました。

そうそう 具は豚肉、牛肉、イカ、エビ、たまご、
キャベツ、ネギ、紅ショウガ、天かす、山芋入りのねり小麦粉。
お値段は540円です。


| 食べ物 | 16:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人間の思い込み

あるわんこのダイアリーをいつも楽しく読ませてもらっていた。
最近単身赴任先で野良猫に餌を与えるようになってから
動物好きには見るに耐えない、心が押しつぶされそうな画像が載るようになった。

掲示板への書き込み、ブログへのコメントは書き込むのにとっても勇気がいる。
私には出来なかったが正義感の強い勇気ある人が2名書き込みをされた。


タイミングが良いと言うのか「きっこのブログ」を開けて驚きました。
坂東眞砂子という作家が「日経新聞」の夕刊の「プロムナード」というエッセイ欄に
「猫殺し作家の屁理屈」という文を載せたらしく批判が書かれていました。
家畜やペットの話になって本音を話すと喧々囂々となる恐れ(笑)あり。
みんなそれぞれ意見が違うのだから。
投稿されたお2人の意見は私にも納得出来るものです。
反対の意見を相手の人を傷つけないように言うのはとても難しいのに
よく書かれたと尊敬しちゃいます。

私なら病苦に侵された生後間もない子猫を見たら即座に捕まえて
病院へ連れて行くでしょうね。
ふと 記憶が甦った。まだ武蔵野の面影が残っていた立川で何頭の捨て猫を
助けたのだったっけ・・・。
家の前にも捨てていく人がいたなあ。
ペットを飼っている人たちは責任を自覚して飼育して下さいね。
ペットは人間の都合で生み出され、人間が手をかさないと生きていけないのですから。





お口直しに2才3ヶ月児のなま足をどうぞ(爆)


≫ Read More

| 雑記 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士国際花園

ベゴニアが凄いの一言に尽きました。
真ん中のお池はぐるぐる回っていて
手入れの時に摘み取った花が浮かんでいます。
あまりにも花だらけで目が痛い!

ブラッセルのグランプラスで2年に一度、8月に行われる
フラワーカーペットもそういえばベゴニアの花で
色とりどりのデザインで広場が埋められていました。


さまざまなカラーのストレプトカーパス。


エンジェルス・トランペッが木のように大きくなっていました。
すご~い。


かわいい~。
ベンガルワシミミズク。
彼らのお食事はひよことねずみだそうです。


こわい物はいっぱいあるのに
クロワシミミズクを恐れ気もなく触るMiu。
動物好きの血を受け継いでいる?

富士国際花園での半日でした。


≫ Read More

| 雑記 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多摩川河川敷

昨日は雲がきれいだったので多摩川へ「雲を写しに行こう!」
車で多摩堤通りに出たら急に大粒の雨が~。
急遽Uターンして洗濯物を取り込みに戻る。間一髪セーフ!




行き当たりばったりで駐車場のある所に車を止めたけれど
辺りには渋谷区が借りている野球場にサッカーのグランドやテニスコートがあり
川の流れている方向には草?葦?が生えていて水辺には出られなかった。

二子玉川の高島屋が中央に。右側の高い建物はなんだろう??



| 雑記 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今咲いている花

ガーデンブライド (ナデシコ科)
こぼれ種でどんどん増えますがちょっとしたことで(ナメクジなど)
あっと言う間に枯れてしまったりするので雨が降ったら軒下へ。
かんかん照りになったら日陰へと気を使います。



ランタナ。
夏は草花にとって過酷な季節。
これは太陽光線もヘッチャラのようです。


マチルダ。
くり返しくり返し咲ます。
6月、7月にくらべてコガネムシ類がいなくなり
花びらのキズが少なくなりました。
トゲが多くて香りは少ないバラですがクリームにピンク
淡いグリーンが入って私の大好きな彩りです。



ミニバラ 「ミミエデン」
香りはほとんどありませんが、くり返し咲きます。
このバラは花びらが落ちないというか、もちが良いというか
まるで造花のようです。
ずっと咲き続けていて、切り取ってから1週間たっても
この写真の一番右側とその左隣のように色あせても
まだ咲き続けています。



アンスリウムとボストンのニーマンマーカスでつい買ってしまった
木で出来ているキリン。
首が折れて接着剤でくっつけました(;;)



| 植物 | 15:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月の庭

カラミンサの蜜を?
アシナガバチは青虫のお団子を食べるのじゃなかったけ?


バッタは愛嬌があるのだけど
色んな葉に穴をあけてくれるので
困ったちゃん。


フェンネルにいっぱいついていた!
つつくとオレンジのツノを2本出すので
アゲハチョウかな?
2匹だけ残して碧露をスプレーした。
ゴメンナサイ。


ゴーヤの花。


ゴーヤの実だらけになってしまった!
誰かもらってくれないかしら?


≫ Read More

| 植物 | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怒! 小田急線

8月7日の空と
バラの葉と朝顔の蔓。


8月8日の夕空。
台風が来ていると空が妙にきれい。


普段21分で着く新宿に1時間30分もかかった!
小田急線は緊急時には急行やロマンスカーを優先して
各駅停車は12台の急行に追い越されたのだ!
経堂では小田急線急行3台通過の次にくる多摩急行と連絡するので
冷房の効いている車内でお待ち下さいだと!

そんなこんなで本も読み飽きて退屈しのぎに
前に座っているオジサンをシャーペンで描いてみた。
スケッチブックも持っていたけどさすがに開けなかったので
文庫本の片隅に。
この男は混んでる車内で30センチはあろうかと思われるでかい靴を履いて
足を組んで行儀が最低だった!
怒りに任せての八つ当たりはこの辺でおしまい。

電車遅延の理由はどこか小田急線上で(馴染みのない地名で聞き取れない)
大雨が降って運行速度を40キロにしたからだそうです。
小田急さん もうちょっと上手にダイヤを組んで下さいね。







≫ Read More

| 雑記 | 21:54 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT