2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

梅雨寒

_DSC9213.jpg
しっとり重苦しい空気。涼しい今日はなんだか長袖にソックス。



キルト、デコパージュ、カルトナージュのお仲間と
ザ・ミュージアムで開かれているトワル・ド・ジュイ展へ。
名称未設定-1
木版プリントとはし~らなかったわ。てきとーなわたくし。
インドからデュフィやモリスまで繋がっているのですね。
花柄は大好きです。
人物を配した田園風景、神話や文学、歴史、
アレゴリーのプリント柄は銅版プリントのようですが
好みではありません。

ランチは天ぷら屋さんへ。
かなり恐怖だったけど天つゆにどっぷり浸して
衣を剥がしていただきました。(塩分取りすぎか?)
皆さま汚らしくて申し訳ありませんでした。
ここを知っている人は1人だけど(笑
とにかく
失神、救急車事件にはなりませんでした。良かった!

| いろいろ | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野川の工事

今日の写真 2016年6月26日
DSC5046 6月26日

2015年12月8日
DSC4971 12月8日
どちらかと言うとこちらの風情の方が好きかも知れない。
赤い橋(世田谷通り)が質実剛健を追求するばかりでなく
デザインにも拘ってほしいわね。

ビニールカラーのような屋根もね。
スケッチする気も起きません。
あ 絵だから赤い屋根に出来るわん。

多自然川づくりを行っていますって?
3月2日
DSC05037 3月2日

ガーガー・ゴーゴーの5ヶ月でしたが
予定通りぴったりと終りました。
3月2日
DSC05045 3月2日

工事のお知らせをスマホで。
IMG_0114.jpg

掘削と書いてあるけど川は浅くなって鵜もコサギも
来ていません。多自然川づくりと謳っていたけれど?
IMG_0123.jpg
上流で大雨が降ったら川底の蛇行した川の流れは
どうなってしまうのだろう?

| 野川 | 16:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネジバナ

Fさんにいただいたネジバナさん
今年も咲いてくれました。
ネジバナ

こちらはジキタリス。
暑い夏を木陰で過ごし寒い冬は日だまりでぬくぬくと
おぎはら植物園からやってきて3年目(もっと前だったかしら)
種がこぼれて6本になりました。
白は消えてしまいオールピンクに。
朝日

大好きなロベリア
_DSC8830.jpg

ツルバラ
プロスペリティだったかしら。
だんだん記憶が怪しくなってきました。
_DSC9030.jpg

今週末鎌田区民センターのお祭りに展示するため
昨年から手をつけていなかったおひるね布団(笑
急遽ピースを繋ぎ 勿体なくもリバティを切り刻んでバイアステープをつくり
昨夜全て縫いつけました。
JEANのメモリアル・キルトです。
_DSC9171_201606151534009cc.jpg
リバティプリント・マドラスチェック(アンジェリカ・ガーラ)
が見つけられず淡い色のパイピングで広がりを持たせたかったのに
濃い色になってしまったのが残念。

| 植物 | 15:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月に咲いたバラ達

ウォラント・オールド・ホール
ウォラント・オールド・ホール

夕方になると花びらを閉じる(多分)コーネリア
_DSC8827.jpg

ボレロ
_DSC8846.jpg

スペクタビリス
_DSC8851.jpg

名無しさん
_DSC8877.jpg

ブラン・ピェール・ドゥ・ロンサール
_DSC8909.jpg

ピェール・ドゥ・ロンサール
ピェール君

マダムアルディ
マダムアルディ

プロスペリティ
フ

コーネリア
コーネリア
昨夏から冬に植え替えるまで水をやるだけにしては咲いてくれたかな?
今年はお手入れ頑張りませう。

| バラ | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キルト

昨年の夏にとりかかったフラワーバスケットのお昼寝布団(笑)

やばい。B型の人が作っているとすぐに分る?
_DSC9120.jpg

全体はこんな感じです。
さて弛んだところをどうごまかしましょうか。

ジャンのメラノーマ発病でぱったりとやる気が失せていました。
彼を見送ってしばらくはぼーっと過ごしていたのですが
お絵描き教室へ行ったりバラ園やランチに誘ってもらっているうちに
少しずつ自分を取り戻してきたようです。
あとは失った脂肪を取り戻さなくっちゃね♪

一生懸命生きようとしたジャンを失って辛くて悲しくて寂しい日々です。
余命ひと月と言われた時の衝撃は今も胸に刺さっています。
今も寝る前にジャンを庭へ出しておしっこさせなくては
と思ってしまう日々です。

| 趣味 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |