2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お外deごはん

ある日曜日 ぴゅ~ちゃんのリクエストで
祖師谷大蔵の馬来西亜マレーへ。
このお店はマレーシアが大好きなご夫婦がオープンされて15年とか。
ご主人の定年後に開店されたので年令は私と同年代ね。
世界遺産・霊峰キナバル山/4095mにも登山されたそうです。
すごいなぁ。霊峰富士山より高いじゃないですか。
でもね。そんなに大変じゃなかったみたい。

水、木、金がお休みのお店です。

サンバルソーセージ
カスピゴレン

カピスゴレン
サンバルソーセージ

タマリンドプローン
タマリンドプローン

トムヤムソーセージ
これは辛くないのでMiuちゃんが頂きます。
人参丸ごとゴロン、ピーマン丸ごと(笑
ジャガイモ、キャベツと、どでかいソーセージが1本入ってます。
トムヤムソーセージ

このご飯が特別美味しいのです。
名前忘れちゃった。なんとか み 米だった (;・_・)ハテ
7人の人たちが作っているんですって。
美味しいご飯
マレーのお料理はとても美味しいけどトムヤムソーセージ以外は
私にとって甘すぎるのです。
玉ねぎや野菜の甘さだけだと良いのだけど。
お砂糖沢山入っている気がします?

マレーのマダムは織りと染とキルトが大好きなんだって。
話が合って沢山お喋りしました。

梅が丘で食べたお寿司。
ウニ死んでます。
お腹壊さないか心配だったけど大丈夫だった(笑
IMG_0515.jpg

日暮里で食べたランチ。
不味かった!
IMG_0535.jpg
変な物食べると腹痛→下痢→失神→救急車というパターンになりたくない(笑
加齢は大変なのですぞ!

| お外ごはん | 18:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金木犀の香り

暑い夏も駆け抜けていきました。
今日は昨日に続いて久しぶりな青空。ぼやけてはいるけど。
懐かしいなぁ青空。

刈り込まれた金木犀。つぼみはついていて微かに香っている。
IMG_0571.jpg

ニコちゃんのお散歩。落葉というよりは病気の葉?
IMG_0548.jpg

元気溌剌!もっと遊ぼうよ!と誘っている(笑
IMG_0494.jpg

しばらく遊ぶとやっと寝てくれた!まるで育児してるみたい?(笑
IMG_0502.jpg
それにしてもこのお顔はトイじゃないですね。
スタンダード・プードルと言っておこうか(笑

娘の犬だけど留守中は私のところへ来てくれるが
ずっとず~っと娘の帰りを待っている。

ふっ とジャンを思い出す。
許容範囲の広いニコラと違って私だけの犬だったので
辛い思いをしたに違いない(完全に擬人化してます)
どんな姿で待っていたのか私は知らない。

ニコラが爪をたてて部屋を走り出て行った。
娘の車のエンジン音が聴こえたようです。

ジャンとは10年同じ時間を過ごしました。
流れる時間についてリチャード・ドーキンスが上手に表現しているので
ここにメモしておこう。

『虹の解体』リチャード・ドーキンス著  福岡伸一訳

宇宙はすでに100億年以上の歴史を経ている。
今後一定の年月の間に、太陽が膨張し赤色巨星となる日が必ず来て、
その時、地球は太陽に飲み込まれてしまう。
その日が来るまでは、それぞれの世紀を”今世紀”と呼ぶ事が出来るだろう。

ちょっと端折って

現在とは過去から未来に向けて異動するものと私には感じられる。読者もそう感じるはずだ。
ちょうど現在とは小さなスポットライトのごときもので、
時間と言う非常に長い定規の上を1ミリずつ刻々と移動していると感じるのである。
そのスポットライトが通り過ぎた部分は闇に沈む。
すなわち死せる過去の暗闇となる。
スポットライトが進む前方にも闇が広がる。未知の未来である。
今このとき、スポットライトが照らし出している現在に、たまたま居合わせる確立は、
ちょうど一枚の硬貨を投げて、それが落下した場所に、たまたまニューヨークから
サンフランシスコに旅する1匹のアリが居合わせる確率くらい小さい。
つまりあなたがいる場所はスポットライトの外の闇の世界である可能性がほとんどだったはずなのだ。
そのような極めて稀な確率にもかかわらず、あなたは今現在生きている。
スポットライトが通り過ぎてしまった場所にいた人々、そしてスポットライトが通るであろう場所にいる人々、
いずれも本書を読むことは出来なかった。

ニューヨークからサンフランシスコに旅するアリね。
ジャンが私の元に来たのも奇跡だったのね。

ちなみにサンフランシス⇔ニューヨーク4675キロとか4140キロらしい。
(ちゃんと計算せずにごめんなさい)




| 日常 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソファーマット

面白くないね。少しも。
この柄にこのパターンは似合わないのかも。
写真も夜にスマホだし。
この調子のパターンで24枚は煩いだけね。
名称未設定-1

グレーの無地に見えるけど若草色です。
若草色よりグレーの方がましかも。
でも単純すぎ。


こんな風になればいいなーと考えたけど。
こちらはプリントではなくて織物なので
深みが違いますね。
_DSC9478_2016092400455766e.jpg
午前1時過ぎちゃった!明日は池コミ。早く寝なくっちゃ。

| 趣味 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

混沌中

キルト
朝からチョキチョキと布を切る。木樵じゃないけどヘイヘイホー!でございまする。
しかし、想像していたようないろどりにならなかった。さてと・・・どうしょうかなー。

疲れたので庭でこれまたチョッキン。
ナエマ。どこかで香りの金賞をもらったそうで
ほんとに良い香り!癒されてます。
_DSC9745.jpg

昨年もうだめかと思ったウイリアム・モリス。
復活しました。
こちらは良い香りだとあちこちの薔薇本に謳われておりますが
ありません。香り。
_DSC9739.jpg

フロックス切り戻したらまた咲きました。
植替えなしで8年。すごいなー。なんて言ってないで
今年こそ土替えてあげるね。
_DSC9737.jpg

ナンだっけ?名前。最近名前が出てきません。
_DSC9728.jpg

最後に花とは関係ないけど(笑 
やっとカートリッジ取り替えました。
浄水器
のんびりブログなんて書いてますがしばらく放置すると
パスワードを変えなさいとか入力しなさいとか。
ノート引っ張り出してパスワードなんだっけ?
めんどくさいのです。
今日はこれからこちらで大判振る舞いするので(爆笑
マレーシアが大好きな私と同年輩くらいのご夫婦が
2人でされているお店です。
私は料理作りから解放されるので嬉しいのです。
真田丸をMiuちゃんと見るので早めに行ってきま~す。

| 未分類 | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野菜スープ

とりあえず冷蔵庫にある野菜の切れ端を一気に片付けるにはスープにするか
味噌汁にするかどっちかです(笑

絵のお教室でいつも一緒にランチを食べる友達がそれぞれ用事があって帰ってしまい
クラスで2番目に若い友(娘と同年代)と2人でランチをすることになりました。
独身のピアノ教師と2人で過ごせるなんて滅多にない!(笑

のんべえ一家の彼女の話に笑い転げて愉快な時を過ごしたのですが
料理係の彼女が野菜スープにゆで卵を入れると聞いたので
やってみました。

野菜をいためて鶏がらスープを足して
くつくつと煮てクレイジーソルトとコショウを加えて
_DSC9484_20160911145252164.jpg

卵を7分間茹でて
_DSC9490_20160911145255f84.jpg

ローズマリーとゆで卵を投入。
_DSC9489_20160911145254285.jpg

出来上がり~。
_DSC9495_20160911145257798.jpg
たまごちゃん。入れても入れなくてもゆで卵(笑・笑・笑

| お料理 | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野川の夕暮れ

8月の終わり頃、確か二子玉川の花火の日だったかしら。
雲がドラマティックだったので川原に下りて見ました。
雲

南の空
DSC05272.jpg

西の空
DSC05271.jpg

野川の水量も少し増えてます。


ニコちゃんはコサギを見つけて追いかけたい。
DSC05287.jpg

ヒーヒー言ってますが川には入ったことがないので
驚くでしょうね。流れも普段より速いし。危ない危ない。
DSC05281.jpg

ギンヤンマがアキアカネらしいトンボを捕食していた。
DSC5304.jpg

| 野川 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和の着物


昭和ひと桁の時代に縫われたと思われる夏用の振袖をほどいた。
80年以上の年月が流れているはず・・・
_DSC9463.jpg
丁寧にしっかり縫われていてどこもほつれてなく
昔の人の凄さが伝わってきます。
_DSC9469.jpg
この辺はパッチワークのよう。
_DSC9471.jpg
裏から見るとテープをつないであるように見えるのだけれど。
表から見るともうひと手間かけてあるような?
_DSC9473.jpg
この布を切ってパッチワークに使おうかとただいま悩んでいます。
切り刻むのを躊躇している私ですが、娘も孫も私の母を知りません。
私は母と過ごしたのは生れて6ヶ月間と亡くなる前の6ヶ月なので
たいした思いでもありません。
パッチワークの一部として使うと少なくとも孫の代までは
ああ、あの時ちゃっちゃんが・・・と思い出してくれるかも知れません(爆
呉服屋さんの前で祖母と、母が決めたに違いないこの着物にとって
サバイバルになればいいかな。

| 思い出 | 12:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |