PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モスクを見学

小田急線を利用するようになっていつも気にかかる建物があった。
新宿へ向かって代々木上原駅の手前で左側に見える。
辺りの風景と全く異質でとても目立っていた。

一般に公開しているので近くに行くチャンスがあった時に訪れた。
イスラム教というとイラク→恐ろしい宗教というイメージが焼きついてしまっている。
こわごわ中に入った。
お~っ なんて美しいのだ!








この東京ジャーミーはロシア革命後共産主義を受け入れられない
トルコ系タタール人が日本に逃れてきて1938年に現在地に
木造のモスクを建てたものが老朽化したために取り壊され、
12億円かけて再建。
2000年6月に落成式が執り行われた。ということです。

ロシア革命で祖国を捨てざるをえなかった人たちが
4年間で200万人もいたとは知らなかった。

トルコの工芸技術が結集されていて色使いも素敵。
大理石がふんだんに使われていてひんやりとして気持ちよい。
西向きの礼拝堂は遥かメッカの方を向いているのでしょうね。






進行方向に向かって左側の窓辺に立つ癖があるので
いつも視界に入ってきます。




AUTHOR: 羽生 DATE: 07/24/2006 00:50:47 昔、小田急沿線の住民で小田急線を利用して都心(新宿)によく出かけていた私には、この建物は懐かしい風景のひとつです。
さすがに途中下車して中を見たことはありませんが。。
それで、記憶に間違いがなければ、ここは、もうとっくに亡くなられていますが、タレントのロイ・ジェームズさんの身内(弟だったかな?)が管理だか司祭をしていたはずです。
最近になって再築されていたのですねぇ。。。私が昔眺めていた外観とは変わってしまったかしら?

| 雑記 | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/tb.php/110-9e7acbef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT