PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オマーン大使公邸でお料理教室

今日 6月26日は爽やかで、涼しくて気持ちの良い一日でした。

あの日から1年3ヶ月ずっとパソコンにかじりついて調べ物の日々も
ようやく終わりを告げたのか、恐怖心も徐々に薄まってきたのか?
何も変わってはいないのだけれど・・・

そんなある日Asukaさんからお誘いのお電話がありました。
オマーン大使夫人が招いて下さる料理教室・・・
アラブ・・・全く知識のないオマーン・・・
この前サッカーで負かしちゃた国・・・
ですよねー。

身分を証明するもの、免許証、パスポートを持参して入り口でチェックを受けています。


エレベーターに乗って5階で降りるとオマーン国王のお写真が飾ってありました。
king.jpg

ホテルのようでしょう?
_DSC9244.jpg

15分ほどオマーン国の紹介のビデオをみました。
砂漠だけのお国ではなく山も、森も海もあるみたいですね。
DSC08186.jpg

ピカピカのキッチンです。
すっかり下ごしらえが出来ていま~す。
_DSC9256.jpg

まずデザートから作ります。
フィーロペーストリー
何層もある薄いパイの皮みたいなものが入っています。
麻布の日進というスーパーにあるそうですよ。
_DSC9264.jpg
このスパゲティの袋のようなものの右側のお皿に乗っているのが
中身で牛乳とバラ水とコンスターチと小麦粉をまぜて冷ましたもの。
フィーロに包んでオーブンで焼きます。
その前にギーをたっぷりぶっかけていた!!
120℃のオーブンで20分だったかな?
_DSC9289.jpg
ピスタチオを潰して上に散らして出来上がり。
DSC08221.jpg
ケシターのお味は卵なしのカスタードクリームをざらつかせた感じかな?
で バクラワーってパイの皮のこと?

次ぎはチキンブルァニー
使っているお米はながぼそいバスマティ米です。
なべの中にはお水とお米とサフラン、バラの水、バター、アーモンド、レーズンカルダモン、クローブ、シナモン、
アーモンド、たまねぎ
DSC08215.jpg

ちょっと茹ですぎたそうです。
ザルにどばーっと
_DSC9294.jpg

チキンブルアニーのレシピは
鶏肉、バター、塩、カルダモン、黒コショウ、ターメリック、クミン、ローレル
粉トウガラシ、玉ねぎ、ニンニク、ショウガ、青唐辛子、シナモン、コリアンダーの葉、トマト、ヨーグルト、
等を炒めて煮ます。カレーと同じですね^^
_DSC9305.jpg
茹でたお米と煮えたカレーを混ぜます。
重そー。
_DSC9308.jpg
出来上がりました~♪
手前はキャベツのサラダ。
_DSC9311.jpg
ちょっと気になった厨房を少し。
みんなが欲しがった玉ねぎ入れ(?)
DSC08204.jpg
強力そうなコンロ。
DSC08205.jpg


調理器具はどこの国も同じですね。
DSC08206.jpg

大使夫人も気さくにお喋り。イギリスの学校へ行かれたとかで
英語を話されていました。
DSC08217.jpg

広~いダイニングルーム
_DSC9312.jpg

とってもスパイシーで身体に良さそうなお料理でした。
華奢な長粒米でなく、うちで使っているミルキークィーンの
5分づきで作ってみよう。

いただきま~す。
DSC08230.jpg

| お出かけ | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/tb.php/1315-4bc17cdf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT