アンソール展

思いもかけないところから♪アンソール展のチケットを1枚頂きました。

エルタワーの地下を抜けて損保ビルへ。
そう言えば7月にアンリ・ル・シダネル展にも来たっけ。

空いているという噂のアンソール展、人が入っていました!
小春日和のお天気と11日までだからでしょうね。

この美術館に来るとまずはまっすぐ歩いて景色を眺めに窓際へ行って
大東京を眺めます。東京のシンボルタワーが両方視界に入ります。
DSC09456.jpg
もう少し右側を撮りたいのだけど籠のようなコクーンタワーが入ってしまいます(笑
なんか落ち着かない構図になりました。



新宿御苑のフランス式整形庭園のプラタナスの葉が黄色くなっていますね。
DSC09461.jpg


私も500円払って音声ガイドを借りてみました。
アンソールさんが作曲したピアノ曲を聴きながら優雅に絵画鑑賞(笑
グロテスク絵画なんて書いてあるけどきれいな色じゃあ~りませんか。

《首吊り死体を奪い合う骸骨たち》
60157534494c553c5fcd7afc985916bb.jpg
真ん中にぶら下がっているのがアンソールさん自身で
ぶら下がった身体を奪い合う骸骨はアンソールさんが一緒に暮らしていた
母、おば、妹と言う説があるようですが
なんだかアンソールさんの心理が垣間見えるようですねぇ。
この絵がもし写真だったらかなりドッキリするでしょうけど
綺麗な色使い!としか私の目には映らなかったっという事は
私がおかしいのかなー?

☆オスランドの午後 1881年
☆ブルジョワの客間 1881年
この2つの室内の絵は私の大好きなヴィヤールの絵に雰囲気が似ていました。
そうそうヴィヤールの絵も今まで見たこともない小品が一点と
《悲しみの人》が入っていた小さな額がお洒落だったー。


COMMENT2

kaoru

ありがとうございました!
チケットもアンソールさんも浮かばれたことでしょう。
私もグロテスクとは全く感じませんでした。陰謀は仮面の下の素顔を想像してしまうので、少し怖い感じがしましたけど。それは私の心が醜いからかなぁ(笑)

pierre

Re: タイトルなし

kaoruさん

こちらこそチケットを有難うございました。
とっても楽しい時間を過ごせました。

>陰謀は仮面の下の素顔を想像してしまうので、少し怖い感じが
>それは私の心が醜いからかなぁ(笑)
いえいえ。私はつい顔と仮面はひっついている(笑 と思ってしまって
仮面の下の素顔を想像する洞察力はありません。

☆人に知られないように練る悪だくみ
☆密かに計画するよくない企て
長い人生をすごしたら フフフ 
陰謀の一つや二つ(爆

  • 2012/11/16 (Fri) 23:24
  • REPLY