PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12月の庭

季節は巡ってもう12月もあと少しになりました。
ピェール・ドゥ・ロンサールの花を高枝切りの鋏でちょっきん。
まだまだ蕾はついてますがこの寒さだともう開かないかな。
DSC4273.jpg

ドライにすると不思議な色合いに。


今年最後のルイ・フィリップ
春にはなかった爽やかな林檎の香りがしました。
DSC04246_20131223214752b23.jpg

地植えのイングリッシュ・ヘリテージの継ぎ目の下から
シュートが伸びてました。台木の芽のようです。取らなくっちゃね。
DSC05143.jpg
そんな事も知らぬ気に上では咲いています。
_DSC4202.jpg
このヘリテージはロンサールと同じ環境で育てているのに
シュートは出ないし花も少ししか咲かないので掘り起こして
鉢に植えようかと考え中です。
しかもちょっと怪しい植替えしなくても良いという
培養土を西の方からお取り寄せしました。
果たして嘘か実か(笑  何事も試してみないとね。

ロベリア
DSC3998.jpg
大好きな花。親株は暑さで溶けてしまったけど
あちこちに子孫が芽を出していました。
この鉢のロベちゃんは夜中の12時ごろジャン君最後のおしっこ時に
取り込んでキッチンで過ごしています。

| 植物 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/tb.php/1506-51c54c06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT