PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

異物混入その後の その後

今回のパンから異物事件の最終ご報告。
喜多見商店街振興組合と保健所に届けた次の日に以下のメールを頂きました。

突然のメール失礼いたします。
喜多見のパン屋ロワールの店主です。
本日、喜多見商店街振興組合に当店のパンに異物(ビニール)が混入していた
というメールが届いたという事を聞きました。
このことで、お客様に不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ありませんでした。
今後、保健所の指導の下、製造工程と環境の見直しを行い、細心の注意を払って
パン製造に取り組む所存でおります。
つきましては、今回お買い上げ頂き、異物の混入していたパンの代金をご返金させて
いただきたいと思います。ご足労をおかけいたしますがご来店いただき、異物混入の
パンの代金の旨をお伝えください。
この度は、こちらの不手際でお客様に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。

ロワール店主

慇懃無礼なメールですね。お手本があるのかしら?

昨日世田谷保健所の食品衛生監視員の方から電話をいただきました。
ロワールへ行って原因を調べて下さったようです。

聞いて呆れました。
パンに混ぜ込むチョコレートは板状になっていて
ブルーのビニールで包んであるのだそうです。
そのビニールを切るのにいつもは裁ちばさみで切るのだけど
たまたま紛失してしまい、小さなはさみで切ったので
きれっぱしが混入してしまったとか。
いま裁ちばさみを注文しているんですって。

訳の判らない言い訳。
販売する食品を作っているのにその程度の注意力しか払っていない事が分かりました。

裁ちばさみはいったいどこへ行ったのでしょうね。
私だったらまず探します。


| 食べ物 | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/tb.php/1587-f675af48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT