PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8月の庭

地植えのヘリテージはうどん粉病や黒点病にかかり
葉を落として暑さでへろへろになっています。
それでも切戻すたびに新芽を伸ばしてその先に
5月の花よりうんと小さい花をけなげに咲かせます。
イングリッシュローズにとって
この夏は過酷なほどの暑さです。
このヘリテージは輸入苗なので
もう亜熱帯のような東京ではかわいそう。




オレガノ・ケントビューティも夏に弱いと聞いていたので
バラの葉で日陰になって、庭の特等席でもある
風の吹き抜ける東南の角に置いますが
ななんと!青じそについてる幼虫がここでも
葉を食い荒らしていた!
こちらは食用ではないので碧露、緑豊、ニームのどれかを
水で薄めてシュッシュッ。



アイビーゼラニウムは夏に強いのかなと思っていたのに
暑さに負けて葉が白くなってしまいました。




フクシア
おとといこの花をつけていた木は根ぐされして
くしゃくしゃになっていました。
でも大丈夫。5月にちゃんと挿し木をしておきました。
夏前にさし芽したものは夏を越し出来るのです。



フェンネルの花。
昨年のこぼれ種から成長して
花が咲きました。
でも成長が昨年より悪い。連作障害?
茂り方が少ない。土が酸性化している?
石灰を少し撒いたのだけど。
F1だったのかしら。




| 植物 | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/tb.php/312-8bedd626

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT