PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都 原谷苑の桜 

2003年4月15日、娘がベルギーから一時帰国したときに桂離宮修学院離宮へ行きました。
時間があったので修学院離宮から大徳寺の高桐院へ行きました。
タクシーを降りてうろうろと迷っていたら見ず知らずの酸素ボンベを持ったお年寄りの方が
案内してあげましょうと近寄って来られました。
娘と2人でしたのでご好意をお受けしてお抹茶までご馳走になってしまいました。

日暮れまでにまだ時間があったのでどうしようかしらと娘と話していたら
まだ桜が咲いているところがあると教えていただいたのが原谷苑です。
個人のお庭なので入園料が必要です。
2003-Kyoto-062.jpg



夕暮れ時の斜めの光線で桜の美しいシルエットが目に飛び込んできました。2003-Kyoto-083.jpg
4000坪の敷地に樹齢50年の紅しだれ桜が100本以上もありそれはそれはうっとりする
素晴らしい空間でした。
ちょうど人々が引き上げて行く時間帯だったのでまるで私たちのためにだけの
桜の園でした。
2003-kyoto 1
2003-.jpg

Miuが生まれてくる1年ほど前の娘です。
日本でお産をと思っていましたが良い医師にめぐり合えずに
ブラッセルのEDITH CAVELLL病院で産むこととなりました。
残念ながら生後3ヶ月で帰ってきたので国籍はもらえませんでした。
2003-Kyoto-071.jpg

| | 17:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素敵ですねぇ。ぞろぞろ人がいないのもいいですね。
これが私の庭だったら、公開なんてせずに独りで、あるいは友人と楽しみたいかも。
まあ、気まぐれ開園ならありかな(笑)

| kikimama | 2009/03/28 16:06 | URL | ≫ EDIT

桜の名所は人だらけ。ったく人間多すぎ。
少子化でちょうど良いんじゃないかな。
ここは晴れた日の光線が斜めの時間に
一眼を持ってもう一度行きたいところです。

人のいないこんな庭で友人と一杯飲みながら
お喋りするのは至福の時間かも(笑)




| pierre | 2009/03/28 22:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/tb.php/636-a57ab3df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT