PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Miuと待ち針

縫い物をするために針箱を出していたら
Miuが目を輝かせて走り寄って来た。

一瞬どうしょうかと考えたけれど危ない危ないと
避けていてもしょうがないので触らせてみる。


痛いよ、痛いよと指に針先をチクッと刺して教える。
来月2才になる彼女は覚束ない手で
真ん中に針を刺そうとしている。


いつもは少しもじっとしていないチビが黙って集中している。
なんでこんな事が面白いのでしょうねえ。
と つい思ってしまう。


30分位して飽きてきたころに元の場所にお片付けしてもらう。
まだ面で同じ色をまとめることに興味を示さない。
ナナメにさした針に指を刺してイタイ~と言っているが
頑張らせる。



何にでも興味がいっぱい。
掃除機はまだかけられないので拭き掃除のお手伝い。
ったくもぉ~。かわいいお邪魔虫ちゃん!
いつもの3倍くらい時間がかかる~。




AUTHOR: gorochan DATE: 04/16/2006 08:24:59 幸せそうで 私もハッピー。

勇輝がトラブルを抱えて生まれ、みほちゃんを預かっていた1歳8月のころの
生活を思い出して ニヤニヤしています。

幼児は 私たちにとって幸せのシンボルかも。 ドンドンその時間は 消えていってしまうけど。 一人前の幸せな大人に育てるのは 親にとっては ハッピーばかりでないからね。

| 雑記 | 00:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

fubukiさん。
生きてゆくって十字架を背負っているような気がします。
私は毎日が重くて夜寝るときにこのまま目覚めなければいいなと思ったこともありました。でもそれは私自身の事だから乗り越える事が出来たけれど、fubukiさんの思いは私の比じゃないですもの、時間がかかってもそう思えることってすごい事だと思います。幸せってずーっと感じているいるものでなくその瞬間 瞬間に感じるものではないかしら?私の場合は、やさしい春色の夕暮れに木々が染まっている時とか、雲ひとつない冬空に真っ白な富士山が見えた時とか・・・。美味しいものを味わった時とか(笑)

コウちゃんいい子ですね!いっぱい悩んで答えたのねウルトラマンって。真直ぐで率直な子供の心をいつまでも失わないで欲しいですね。

| pierre | 2006/04/17 16:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/tb.php/70-2bbb407c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT