PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

犬のこと。

私がかって飼っていたコリー達のうちの4匹です。
左手前の犬は犬屋さんから成犬できたブルーナ。真ん中の犬は東京から来たラビー。
右側の犬も東京から来たフリッカ。後ろのトライは京都生まれのローラ。
勉強もせずに彼女達の手入れや運動に日々を過していたのですが
若かった私は想像力不足で良い飼い主ではなかったと思っています。

今日の朝日新聞の「声」欄に84歳の男性が投書していました。
「飼い主を癒しながら、何ら苦痛を訴えることなく生涯を終えた・・・」
太りすぎて治療費や薬代は高額で家計の負担は大きく、まだ10才で
次第に食が細りやせて息を引き取った・・・

何ら苦痛を訴えることなく と言う所にひっかかりした。
そんなことは有りえないはずです。自らはなにも出来ない犬の生殺与奪の権力を
握っているのだからいつもアンテナを張り巡らして観察していて欲しいものです。

先だって本八幡までトイプードルの子犬を見に行ってきました。
生後2ヶ月前に親から離されて一人でショウケースの中にいました。
社会化出来ていないことも気になるけれど飼うにあたって
まず一番気になったのは獣医の事です。
家の近辺にはあちこちに動物病院がありますが信頼出来る人はいるのだろうか?
私が中学生の頃はヤブばかりだった。
それから30年経っても・・・
現在のことは知りません。

そんなこんなで私が見た子犬は売れちゃったようですが
未だに飼うか飼わないか躊躇しています。
















AUTHOR: 森林浴の家 藤崎 DATE: 06/16/2006 20:49:40 ご無沙汰しております。
いつも拝見させて頂いています。
私の彼女もトイプードルを飼っています。
調布の国領に信頼できる獣医さんいますよ。
今のわんちゃんが3代目なのですが、
昔からずーっとお世話になっているようです。

もし機会がありましたら、お教えしますね。

| 動物 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://astimegoesby924.blog23.fc2.com/tb.php/94-fe5eb0ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT